LIFE & WORK

今週のツボ!
つくりたくないシミやそばかす対策に
太衝(たいしょう)

元コピーライターでマッサージ師の坪井敏文さんのコラム「今週のツボ! 手軽にセルフメンテナンス」。坪井さんの明快なテキストに従って、ツボをひと押しすれば、いつでもどこでもリフレッシュ!

Jul 24, 2018   

つくりたくないシミやそばかす対策に
太衝(たいしょう)

今週のツボ! 手軽にセルフメンテナンス <第17回>

まだまだ陽射し(紫外線)が気になる季節。普段、ビタミンCを取ったり、日傘やサングラスを使ったり、UVケアをしても敵は容赦なく襲ってきます。

太衝は血流・水分の流れを改善することで肌の新陳代謝を活発にするツボ。生じる前の予防策の一つとしてぜひお試しを。痛さを感じやすいツボですので、皮膚が柔らかくなる入浴時や入浴後の習慣として行うのもいいと思います。

肌の調子を整えるほか、疲労や目の疲れ・肝臓の衰え・頭痛・肩こり・自律神経失調・二日酔い・女性ホルモンの乱れ等々に効果があるとされています。

もし、太衝を軽~く押しても痛むときは、きっとお疲れモード……。休息や気分転換、栄養補給などを自分にあげる「ご褒美タイム」ですよ。

足の甲にあるツボ

足の親指と人差し指の骨を足首側にたどり、骨と骨の間隔が消える少し前にあります。(V字の結節点)親指で押さえるほか、人差し指の先、綿棒の先などで押さえても効果的。足の裏、真下方向に力を。痛みの出やすいツボです。強弱を調整し、5秒力を入れ、5秒で力を徐々に抜く、を5~10回。両方の足で。

Posted in LIFE & WORKTagged ,
坪井 敏文
新潟県生まれ、仙台市在住。現在マッサージ師(と言いたいが、「師」に至らず、マッサージ修行中の身。昔、コピーライター。)かつてメッセージをもじり、「メディアはマッサージである」と論したマーシャル・マクルーハンの教えを実践すべく、広告業界からマッサージ師に数年前に転業。その経験からマスコミもパーソナルコミュニケーション(=マッサージ)も大きな相違はないのでは?と思う今日この頃。

pagetop