1分コラム

《Goods》 オランダでの買い付けで出会った カメのぬいぐるみ

BGMの読者の皆さんとBeauty! でGood! でMiracle! な毎日を楽しむために、
宮城の美容師さんや古着屋さん直伝、ビューティーやファッションのとっておき情報をお届けするコーナー。
第3回は、青葉区国分町にあるセレクトショップ「ANNA VINTAGE」。
オーナーのReiさんが教えて下さったのは、一匹のカメのぬいぐるみを巡る、買い付けのストーリー。

Aug 31, 2019     

Beauty! Good! Miracle!
vol.3

こんにちは!「ANNA VINTAGE」のReiです。
私のお店は、ヨーロッパで一つひとつ大事に買い付けてきたアンティークのお洋服や雑貨、ドライフラワーなどを集めた小さなアンティークショップです。

古着屋さん、と思われることが多いのですが、お洋服だけではなく、雑貨にもこだわりがあります。
そんな雑貨の中から、今回は一匹のぬいぐるみをご紹介します。

こちらが、カメのぬいぐるみのSLO(ソロ)ちゃん。
甲羅がラバー素材で、胴体には木を糸状に削った木毛が詰まっています。
体の大きさはは5〜6cm、小さいけれどしっかりとした重みと存在感があります。
SLOちゃんが生まれたのは、ドイツ。世界で最初にテディベアを作ったといわれる
歴史あるぬいぐるみメーカー・シュタイフ社によって作られました。
SLOちゃんをはじめ、シュタイフ社製のアンティークのぬいぐるみは、
今や世界中にコレクターがいる程の人気です。

私がSLOちゃんに出会ったのは、今年訪れたオランダでの買い付けでのこと。
年に数回、ヨーロッパを中心に一人で買い付けに行くのですが、地元の蚤の市は宝物の宝庫。

お気に入りや、お店にぴったりのアイテムを見つけると本当にうれしくなります。
また、市で出会った人から地元のオススメのアンティークショップを紹介してもらえることも。
「きっとあなたはあそこのお店が気にいると思う」 そんな情報を頼りに買い付けを楽しむのは、まさに一期一会。そこでしか出会えない人やアイテムが沢山あるのです。

SLOちゃんを見つけた時も、一目惚れ。
可愛らしさと大人も愛せる適度な本物らしさ、「これだ!」という直感がありました。
こうして出会えたのは長い年月を越えて、代々持ち主に愛されてきた証。
これこそがアンティークの醍醐味ですよね。

さて、SLOちゃんがどこにいるか、見つけられましたか?

「ANNA VINTAGE」には他にも、買い付けから連れて帰ってきた愛嬌いっぱいのぬいぐるみが沢山います。若い方はもちろん、大人の女性もとりこになられる方が沢山いらっしゃって嬉しいです。
お客様の中には、“里帰り”と称して、年に数回お店に連れてきてくれる方も!
BGM読者の皆さんには、お洋服も雑貨も、おばあちゃんおじいちゃんになるまで愛せるものを選んでほしいなと思います。

そうそう、「ANNA VINTAGE」の看板“ぬいぐるみ”
ぽぽちゃんにも会いにきてくださいね。

ANNA VINTAGE

住所   仙台市青葉区国分町1-3-13 遠藤ビル2階 営業時間 12:00~19:30 定休日  不定休 https://annavintage.net/ Twitter @your_anna_ Instagram @anna.vintage

pagetop

BGM of "BGM"

antennasiasan (vocal) とNerve (track) により1999年に結成。ブリストル・サウンド、ダブなどをルーツとする。アルバムごとに音楽性の幅を広げつつ、一貫して、sanのヴォーカルを軸としたトリッピーなサウンド/ベース・ミュージックを追求している。現在(2018年)まで、国内外のレーベルから、8枚のオリジナル・アルバム、3枚のリミックス・アルバムを発表。