今週のツボ

今週のツボ!
北風にゾクッときたら、ここを押さえて、温めて 大椎(だいつい)

元コピーライターでマッサージ師の坪井敏文さんのコラム「今週のツボ! 手軽にセルフメンテナンス」。坪井さんの明快なテキストに従って、ツボをひと押しすれば、いつでもどこでもリフレッシュ!

Oct 10, 2018

今週のツボ手軽にセルフメンテナンス<第27回>

北風にゾクッときたら、ここを押さえて、温めて
大椎(だいつい)

 
 
そろそろ風の冷たさが身にしみる季節。無意識に背中を丸めた姿勢になっていませんか。
そして時折感じるゾクッとした悪寒に「あ〜、風邪かも」と、いや〜な予感……。
 
そこで今回のツボ、大椎が役に立ちます。
 
ほとんどのツボは押さえることで効果が期待できますが、大椎は押さえる+使い捨てカイロなどで温めることで、より血行を促進。全身をホンワカとした状態にしてくれます。同時に首〜肩周辺のコリも和らげてくれるので、覚えておいて損のないツボのひとつです。
 
冬、マフラーが恋しくなるのは大椎や以前紹介済みの身柱(しんちゅう)を寒さから守るという効果もあるからでしょうか。防寒・手洗い・うがい・食事・睡眠・運動などで日常生活を隙なく過ごし、風邪知らず、ノーインフルエンザでこの冬を乗り切りましょう。
 
 

 
 
うつむいた時、首の後ろにポコっと出っぱる骨(第7頸椎)とその下の骨(第1胸椎)の間のくぼみが大椎。身柱と同じように人差し指の先で、痛みが出ない程度の強さで10秒ほど押す、を最低3回ほど。外出時は使い捨てカイロを直接肌に触れないよう、マフラーやネックウォーマーの中にセットして、しばらく巻いておくのもいいですね。やや時間が経って、全身がじんわりと温まってきたかも、と感じることができたらオッケー! 身柱のツボ同様、ドライヤーで温めること(火傷に注意!)でも効果があるので、試してみてくださいね。
 

Posted in 今週のツボTagged
坪井 敏文
新潟県生まれ、仙台市在住。現在マッサージ師(と言いたいが、「師」に至らず、マッサージ修行中の身。昔、コピーライター。)かつてメッセージをもじり、「メディアはマッサージである」と論したマーシャル・マクルーハンの教えを実践すべく、広告業界からマッサージ師に数年前に転業。その経験からマスコミもパーソナルコミュニケーション(=マッサージ)も大きな相違はないのでは?と思う今日この頃。

pagetop

BGM of "BGM"

antennasia san (vocal) とNerve (track) により1999年に結成。ブリストル・サウンド、ダブなどをルーツとする。アルバムごとに音楽性の幅を広げつつ、一貫して、sanのヴォーカルを軸としたトリッピーなサウンド/ベース・ミュージックを追求している。soundcloud