今週のツボ

今週のツボ!
お疲れ気味の髪にツヤ・ハリ・コシを
腎穴(じんけつ)

元コピーライターでマッサージ師の坪井敏文さんのコラム「今週のツボ! 手軽にセルフメンテナンス」。坪井さんの明快なテキストに従って、ツボをひと押しすれば、いつでもどこでもリフレッシュ!

Aug 3, 2018   

今週のツボ! 手軽にセルフメンテナンス <第18回>

お疲れ気味の髪にツヤ・ハリ・コシを
腎穴(じんけつ)

 
 
肌や顔など皮膚ケアはしていても、髪はせいぜいシャンプーやトリートメント剤に気を使うくらい、という方が多いのでは?
 
夏、厳しい暑さと直射日光にさらされた髪は想像以上のダメージを受けているはず。
 
東洋医学の考え方で髪の健康に不可欠な水分や血流に注目すると、それをコントロールしているのが五臓は「腎」とされています。
 
そこで腎臓につながる腎穴をほぐして、美しい髪を蘇らせる&維持する試みを。
気になる抜け毛や若白髪などにも効果があるとされています。
 
また、体内の水分調整に効くことからむくみの解消なども期待できます。
 
東洋医学の五行説では黒が水に属しますが、昆布などの黒い色の海藻が髪に良いとされるのもうなずけますね。気分転換したい時やちょっとしたスキマ時間に、ツボ押しを。
 
 

 
手のひら側、小指の一番先にある第一関節の中央が腎穴。反対の親指と人差し指でやや力を入れて挟み、小さな円を描くようにほぐします。慣れてきたらヘアピンや綿棒の先でじ~んとした刺激を加えてもいいでしょう。両手のツボに同じ時間、刺激量を心掛けてください。
 
 
*注意
骨粗鬆症の方は骨への悪影響(骨折など)も考えられます。圧や刺激量に十分ご注意ください。
 

Posted in 今週のツボTagged ,
坪井 敏文
新潟県生まれ、仙台市在住。現在マッサージ師(と言いたいが、「師」に至らず、マッサージ修行中の身。昔、コピーライター。)かつてメッセージをもじり、「メディアはマッサージである」と論したマーシャル・マクルーハンの教えを実践すべく、広告業界からマッサージ師に数年前に転業。その経験からマスコミもパーソナルコミュニケーション(=マッサージ)も大きな相違はないのでは?と思う今日この頃。

pagetop

BGM of "BGM"

佐藤那美宮城県仙台市荒浜出身の音楽家。ピアノを中心にエレクトロニカ、アンビエント、ストリングスなどのサウンドを取り入れる。CMや映像作品に多く楽曲提供。レッドブルミュージックアカデミー2018inベルリンに選出。関連記事はこちら