1分コラム

SUMMER WHITE アンファミリア・ヘッズ —見慣れない頭部—

NYにてメイクの経験を積む傍ら、ヘッドピースの制作に取り組み、マンハッタンのギャラリーで個展「Unfamiliar Faces」を開催した、仙台出身のヘアメイク & ヘッドピースアーティスト Yoko Zaikawaの作品を紹介。

Jul 24, 2018     

アンファミリア・ヘッズ —見慣れない頭部—
第7回 SUMMER WHITE (サマー ホワイト)

 
私がニューヨークにいた当時の「ウキウキ素材物色スポット」の一つに、マンハッタンの28丁目にある、フラワーディストリクト=花問屋街がありました。
生花の問屋さん以外にも、造花をはじめ、さまざまなディスプレイ用品の品揃えがあるマニアックなお店が何店舗もあり、嬉しいことに一般の人でも出入りして購入することができるのです。
 
この作品は、白い植物をモチーフにした3つのヘッドピースをシリーズとして制作し撮影しました。作品撮りのコンセプトについて、フォトグラファーの友人(確か当時19歳!)Shujiくんと打ち合わせをしたのち、めぼしい素材を物色に問屋街のショップをはしごして入手。大ぶりの枝については、生の枝を友人が(なぜか)大量に入手した際に譲ってもらったものを使用し、白のスプレーで塗装したものです。
 
3つの作品はそれぞれ軽量なのですが、なんせかさばるため、アパートメントから撮影場所まで一人では持ち切れず、友人に手伝ってもらって段ボールや大きな袋を抱えながら地下鉄で移動しました。
 

 


 
Photo : Shuji Sugiura
Headpiece/Make-up : Yoko Zaikawa
 
2014年 
素材:枝、造花、塗料

Posted in 1分コラム, FEATURETagged , ,
Yoko Zaikawa
仙台市出身。東北芸術工科大学デザイン工学科卒業。東京にて大手アパレルメーカーに勤務後、ヘアメイクにキャリアチェンジのため渡米。NYにてメイクの経験を積む傍ら、ヘッドピースの制作に取り組み、マンハッタンのギャラリーでソロ個展「Unfamiliar Faces」を開催。現在は帰国し仙台にてヘアメイクとして活動中。

pagetop

BGM of "BGM"

antennasia san (vocal) とNerve (track) により1999年に結成。ブリストル・サウンド、ダブなどをルーツとする。アルバムごとに音楽性の幅を広げつつ、一貫して、sanのヴォーカルを軸としたトリッピーなサウンド/ベース・ミュージックを追求している。soundcloud