1分コラム

Jardin Secret アンファミリア・ヘッズ —見慣れない頭部—

NYにてメイクの経験を積む傍ら、ヘッドピースの制作に取り組み、マンハッタンのギャラリーで個展「Unfamiliar Faces」を開催した、仙台出身のヘアメイク & ヘッドピースアーティスト Yoko Zaikawaの作品を紹介。

Jun 21, 2018   

アンファミリア・ヘッズ —見慣れない頭部—
第6回 Jardin Secret (秘密の庭)

 
今回ご紹介する作品は、今年3月に仙台のギャラリー専で開催した『Jardin Secret(秘密の庭)』という個展で発表した3枚セットの作品です。
 
仙台を拠点にプロのフォトグラファーとして活動している、フランス人のマチュとのコラボ作品。仙台のモデル事務所epiに所属するユカさんにご協力いただきました。
 
「こんな感じのコンセプトの作品を撮りたいんだけど、どうかな?」というマチュの話から、メールのやりとりで打合せをして、短期間で準備&撮影を行いました。
 
撮影当日に現場で花のマスクを作り、そのままモデルのユカさんに装着して撮影という流れ。作品は静的な印象もありますが、撮影自体は皆でワイワイと盛り上がりながら行われたのでした。
 
3つ並んだ写真は、それぞれにタイトルがついており、「タイトル=花言葉」になっています。テーマは、恋愛に一喜一憂する女性。感情の移り変わりとともに咲かせる花が違う。そんな秘密の庭を女性は持っている……のです。
 
「熱烈な恋」 (バラ)
「鎮静」 (マトリカリア)
「秘めた思い」(エリンジューム)
 
ちなみに、個展のタイトル『Jardin Secret(秘密の庭)』とは、マチュいわくフランス語で「他人には言えない秘密のこと」という意味合いで使われることがあるのだそうです。
 
 

 
2018年 「Jardin Secret(秘密の庭)」
素材:生花
 
Photo : マチュ・モアンドロン
Flower Headpiece/Makeup : Yoko Zaikawa
Model : 小鳥遊ゆか

Posted in 1分コラムTagged ,
Yoko Zaikawa
仙台市出身。東北芸術工科大学デザイン工学科卒業。東京にて大手アパレルメーカーに勤務後、ヘアメイクにキャリアチェンジのため渡米。NYにてメイクの経験を積む傍ら、ヘッドピースの制作に取り組み、マンハッタンのギャラリーでソロ個展「Unfamiliar Faces」を開催。現在は帰国し仙台にてヘアメイクとして活動中。

pagetop

BGM of "BGM"

antennasia san (vocal) とNerve (track) により1999年に結成。ブリストル・サウンド、ダブなどをルーツとする。アルバムごとに音楽性の幅を広げつつ、一貫して、sanのヴォーカルを軸としたトリッピーなサウンド/ベース・ミュージックを追求している。soundcloud