これまでの記事

とろとろお悩み相談室 第2回
「人間関係のコツって?」

学生、新社会人は悩み多きお年頃。そんなみなさんの、人に相談してみたいことや、あの人ならどう考えるかな? といったお悩みの吐露に、ちょっと年上の社会人が一緒にとろとろと悩みながらお答えします! 

Apr 26, 2018     

とろとろお悩み相談室 第2回

 


相談者 ウェストフィールド(仮名)  
市内某大学経済学部4年生。普段は困ったことがあっても悩みすぎず、ほどよく受け流している。


回答者 餅(仮名)  
季節の変わり目に体調を崩しやすいナイーブな三十路ライター。好きな肉は鴨。


 
春の雨が静かに降る4月の夜。仙台駅前のカフェで、就職活動を始めたばかりのウェストフィールドさんの今の悩みをゆっくりと話し合いました。
 

お悩み1 人間関係のコツって?

 

そもそも、ウェストさんはあまり悩むことがないとお聞きしました。
 
ウェストフィールド(以下、ウェスト)
悩みはじめると尽きないので、流せるところは流していかないとって(笑)。
 

そうですか(笑)。最近、プライベートの悩みの大半は人間関係だなと思ったんですよ。仕事のことや経済面、健康問題なども勿論大きいですが、日常的なストレスは人間関係によるものなんじゃないかなと。
 
ウェスト
人間関係。それで言うと、私はバイト先で苦手だと思っていた人がいたんですけど、空き時間に積極的に話しかけるようにしたら、そんなに気にならなくなりました。
 

行動してますね! そういう時って、受け身にならない方が困らなくなりますよね。
 
ウェスト
たまたま休憩時間にその人と長く話すことがあったんです。で、実際に話してみると、なんでこの人はそういう考え方をするんだろうかって理由が分かったので、話した方がいいなって(笑)。
 

毛嫌いしてる人と実際に話してみると、勝手に抱いていた印象と違うことがありますからね。
 
ウェスト
仲良くなれそうな部分を感じたら、行く。そう思っています。
 

お悩み2 課題解決をする仕事がしたい!

 

ウェストさんは就職活動を始めたところなんですよね。
 
ウェスト
私は相手のニーズを聞いて、課題解決をする仕事がしたくて、提案営業の職種を中心にして就職活動を行っているんです。BtoBの企業に応募することが多いんですが、BtoCの仕事はビビっちゃうっていうか、ちょっと怖いなと思っていて……。
 

そもそも、どうして提案営業をやりたいんですか?
 
ウェスト
あんまりポジティブな理由じゃないんです。文系で資格もないし、技術職を除いて考えると……、っていう消去法的なところがあって。でも、仕事を調べていく中で、インテリア業界に興味を持ちはじめました! 空間をつくることの面白さを魅力に感じています。
 

インテリア業界でBtoBとなると、東京の企業に応募することが多いのでしょうか?
 
ウェスト
はい、そうですね。ただ、マーケティング業界も面白いなと思っているところです。でも業界が違うと、志望動機をそれぞれ考えるのが大変で……。絞ったほうがいいんでしょうかね?
 

お客様の要望にあったものを提案したい、というのは共通してますよね。それをメインにして志望動機を考えてみるのはどうでしょうか。やりたい職種を軸にして、業界のことを添えるような書き方にするのがひとつの方法かなと思いました。どうしてA社じゃなくてB社を志望しているんだろうと自分に問い、言葉にしていく。そうすることで、自分の考えを筋立てて説明するようになれるのかなと思います。
 
ウェスト
志望理由を考える時に、会社を比較するのって大事ですよね。
 

そうですね、大事だと思いますよ。離職率や勤続年数など、開示されている情報にあたって損はないはず。自分は学生時代ちゃんと就活しなかったから、経験則でアドバイスできなくて申し訳ないです!
 

お悩み3 苦手な上司から飲みに誘われたらどうします?

 
ウェスト
私はまだ学生なので、年が近い人とはうまくやれてるんですけど、社会に出たら親よりも上の年の人と接しますよね。そういう時に、苦手な上司に飲みに誘われたらどうしますか?
 

たくさん人がいるような飲み会だったら他の人と喋ってればいいし、上司から仕事と関係ないサシ飲みを誘われる状況だったら、ちょっとパワハラ的な行為だと感じてしまいますね。しつこく一対一での席を誘われる時は、社内の相談窓口に報告した方がいいと思います。苦手な上司とは会社の中だけの付き合いだと割り切ってしまい、あまり関係性をつくらないように回避するようにしてみてはどうでしょうか。
 
ウェスト
なるほど。まだ社会人経験がないので、会社勤めがどんな感じなのか分からず、それでちょっと不安でした。
 

実際私もそんなに会社勤めの経験がないので、アレですけど……。不安もいっぱいあると思いますが、あまり無理しすぎないように気をつけながら、就活、頑張ってください!
 
 

お悩みある人いらっしゃい

 
「とろとろお悩み相談室」では、学生・新社会人のみなさんのお悩みを受付中。年上の社会人が一緒にとろとろと悩みながらお答えします。小さな悩みから大きな悩みまでお気軽にご連絡ください。
 
《応募方法》
BGMのCONTACTページにて、お名前、メールアドレス、メッセージの欄に、①とろとろお悩み相談室 ②相談したいこと を記入してお送りください。個人情報は本企画以外の目的には利用いたしません。
 
タイトル画 oyasmur
 
 

Posted in これまでの記事Tagged , ,
高橋 創一
1986年、宮城県気仙沼市生まれ。編集、執筆、その他。文化施設、企業、NPOをはじめ、さまざまな分野、場所でテキストや印刷物などを制作。ときどき出版関連、音楽関連のイベントを主催/協力している。

pagetop

BGM of "BGM"

antennasia san (vocal) とNerve (track) により1999年に結成。ブリストル・サウンド、ダブなどをルーツとする。アルバムごとに音楽性の幅を広げつつ、一貫して、sanのヴォーカルを軸としたトリッピーなサウンド/ベース・ミュージックを追求している。soundcloud