1分コラム

Dinosaurs アンファミリア・ヘッズ —見慣れない頭部—

NYにてメイクの経験を積む傍ら、ヘッドピースの制作に取り組み、マンハッタンのギャラリーで個展「Unfamiliar Faces」を開催した、仙台出身のヘアメイク & ヘッドピースアーティスト Yoko Zaikawaの作品を紹介。

Apr 8, 2018   

アンファミリア・ヘッズ —見慣れない頭部—
第4回 「Dinosaurs」(ダイナソーズ)

 
ニューヨークのシンボルでもある、エンパイアステートビルディングからほど近い地下鉄駅、「34th St Herald Square」を出てすぐ。ショッピングモールの一角にある、トイザらスで出会った恐竜たち。
 
もともと恐竜のおもちゃが好きだったけれど、鮮やかなこの色合いがなんともアメリカっぽい雰囲気でひとめぼれ。(どの恐竜をセレクトしようか迷っている時間、一人でワクワク。)
 
ちなみに恐竜数体を合わせると全体の重さがかなりになるので、岩を表現するのにつかったのはビーンズ(当時住んでいたアパートメントの近所のスーパーでゲットしたもの)です。
 
 

 
「Dinosaurs」2013年
素材:プラスチック、豆、フェルト

Posted in 1分コラムTagged ,
Yoko Zaikawa
仙台市出身。東北芸術工科大学デザイン工学科卒業。東京にて大手アパレルメーカーに勤務後、ヘアメイクにキャリアチェンジのため渡米。NYにてメイクの経験を積む傍ら、ヘッドピースの制作に取り組み、マンハッタンのギャラリーでソロ個展「Unfamiliar Faces」を開催。現在は帰国し仙台にてヘアメイクとして活動中。

pagetop

BGM of "BGM"

antennasia san (vocal) とNerve (track) により1999年に結成。ブリストル・サウンド、ダブなどをルーツとする。アルバムごとに音楽性の幅を広げつつ、一貫して、sanのヴォーカルを軸としたトリッピーなサウンド/ベース・ミュージックを追求している。soundcloud